フォトフェイシャル | しみ、しわ、若返り、美白なら横浜 桜木町のテティス横濱美容皮膚科

フォトフェイシャル

フォトフェイシャル m22

フォトフェイシャルキャンペーン

  • しみ
  • そばかす
  • くすみ
  • シワ
  • 赤ら顔
  • にきび
  • 症例写真

対象となるお悩み

  • しみ・ソバカスが気になる方
  • 肌のくすみが気になる方
  • 化粧ノリが悪いかた
  • 赤ら顔を治したい
  • 肌のハリ・小ジワが気になる
  • 毛穴の開きが気になる方
  • ニキビが気になる方

フォトフェイシャルとは

フェオトフェイシャルロゴIPL (intensive pulsed light =インテンス・パルス・ライト)は有害な紫外線をカットした波長を利用した光治療です。IPLのなかでも「Lumenis社」が開発した医療機器による治療法のみが「フォトフェイシャル」となります。エステなどで使用されるIPL機器(光治療)は照射出力が低いので、効果が違うものになります。
主に色素に反応するものでありながら、真皮レベルにもエネルギーをあたえることができ、肌の張りにも効果があるといわれています。またヘッドを替えることで赤ら顔、毛細血管拡張にも適応します。フォトフェイシャルはマイルドな光を照射することで、皮膚全体をワンランクアップさせる医療機関でのみ可能な施術です。

フォトフェイシャルしくみよくフォトフェイシャルはレーザーと比較されますが、しみを対象とした場合強く治療していくか、ソフトに治療していくかの違いと思っております。それぞれメリット、デメリットがあり、また適応もありますので、診察の際に説明いたします。

しみ・くすみ・そばかすはこの治療法も効果があります。

お肌のたるみにフォト

フォトフェイシャルは一般的にしみ治療で有名です。その他の効果はクローズアップされません。

フォトフェイシャルはもちろんしみへの効果が早くでますが、その他にもお肌の引き締め、毛穴の引き締めも可能です。色調も触り心地も均一なお肌をめざすなら、フォトフェイシャルは最適といえます。また当院ではフォトフェイシャルとエステ手技を組み合わせたコースもございます。

夏でもできる?

レーザーもフォトフェイシャルも夏は避けられる傾向にあるようです。しかしできないわけではありません。確かに夏場はどんなかたでも、目にはわからなくとも肌のトーンはあがるため、レーザー、フォトフェイシャルをやると過剰に反応しやすいこともあります(特に日焼けしたかた)。

しかしそこは照射の仕方で、対処できます。多数の症例を経験しているからこそ、できる照射の仕方があります。

フォトの最先端、Lumenis社製『m22』の特徴

フォトフェイシャル m22IPLのなかでも「Lumenis社」が開発した医療機器による治療法のみが「フォトフェイシャル」となります。
最新のフォトフェイシャル『m22』では従来機より多い6種類のカットフィルター(波長を変えるフィルター)を使用します。6種類の光がシミ・ソバカスの原因であるメラニン色素、赤ら顔の原因であるヘモグロビン、また従来のフォトフェイシャルでは治療できなかったようなシミ、赤み、血管拡張、難しいとされてきた「肝斑」の治療にも効果が期待できるようになりました。それだけ、様々な肌質に合わせた細かい設定が可能になったのです。

また波長だけではなく、エネルギー量はもちろん、光の入れ方などを細かく設定できるのもLumenis社の製品の特長です。当院ではそれを利用し、それぞれの肌に対応した、一味違う照射法を行っております。

フォトフェイシャル 光の入れ方

治療回数と間隔

フォトフェイシャルは、最低でも5、6回は照射しております。間隔は約1か月に一度です。マイルドにエネルギーを照射していくため、レーザーと比較して効果も緩徐にあらわれます。つまりゆっくり肌の質をかえていくというのがフォトフェイシャルのコンセプトです。そのため照射後のダウンタイムがなく、直後からメイクも可能です。
とにかく繰り返し照射をしていくことで、1回1回の治療の効果が積み重なり、お肌の変化があらわれていきます。1、2回で終えてしまうのは正直、もったいないです。
また、5、6回以上継続される方も多くいらっしゃいます。

治療経過と効果

しみは一番初めにあらわれる効果で、直後よりやや色調が濃くなります。それが、徐々に浮き始め、数日後から約1か月かけて落ちていきます。完全なかさぶたにならなのが特徴です。はじめのうちは、しみが濃くなるのと、見えていなかったしみが浮き始めるので、一見くすんだ感じを受けますが、これを繰り返すことで、しみは薄くなり、消失していきます。しかしとれきれないしみも必ずでてきます。その場合はレーザーなどの治療を組み合わせて治療、臨機応変に対応していきます。

肌の質は、はじめにツルっとした肌の調子のよさを感じることが多く、「お化粧ののりがいい」といわれるかたが多くいらっしゃいます。
はり、小じわの変化となると、1、2回目で出る効果ではありません。これらは複数回照射して得られる効果です。

フォトフェイシャルが日本に導入されて約10年経過しますが、とにかく継続されているかたのお肌の質は、いい状態にあります。

毛細血管拡張の治療

鏡でご自身の顔をみてみると、鼻の横、下、頬などにみられる細い血管拡張はありませんか?

気にされているかたは多く、消えないと思っているかたもいらっしゃいます。これに対してはフォトフェイシャルでも波長の長い1064nmを使用することで、消すことができます。もちろん複数回照射が必要です。

毛細血管拡張の症例写真はこちら

うで、首、背中の照射

うで、背中のしみに対し、フォトフェイシャルを使用することで、数多くあるシミや日焼け後の色素沈着にたいして有効な効果を得ることができます。
特にうで、手の甲にあるしみは見える部位でもあるので、しみがないことにこしたことはありません。レーザーで一つ一つとっていくことも可能ですが、ダウンタイムなどを考えるとフォトフェイシャルを使用していくことのほうがメリットがあるとみています。

うでの症例写真はこちら

美白剤「ルミキシル」との併用

フォトフェイシャルに相性のいい美白剤である『ルミキシル』
フォトフェイシャルでもレーザーでもしみがあった場所はやはり再度しみができやすいものです。つまりしみをとっただけよりも、予防として美白剤などを併用していただくことで、より効果を引き出すことができます。その一番の併用法がルミキシルの使用です。ぜひフォトフェイシャルを受けているかたにはご使用していただきたい一つです。
当院のルミキシルは正規代理店のものを使用しております。

フォトフェイシャルを受けられない方

以下の方は、事前に医師にご相談下さい

● 日焼け直後の方、施術後に日焼けをされる予定のある方
● 糖尿病の方、アルコール中毒の方
● 希望部位に皮膚疾患をお持ちの方
● 日光アレルギーの方
● 妊娠中もしくは授乳中の方
● てんかん発作の既往症の方

フォトファイシャルの治療の流れ

step01
診察、説明
まずはどんなお悩みがあるかをお聞きし、フォトフェイシャルが最も効果があるか検討していきます。
step02
クレンジング・洗顔
当院ではより効果を引き出すため、スタッフによるクレンジング・洗顔を行っております。
step03
照射
いよいよ照射です。照射の波長、入れ方など検討しながら照射していきます。
step04
肌の整え
照射した後の肌は乾燥に傾く傾向があります。肌の整えをおこなって終了となります。
step05
終了

フォトフェイシャルの料金一覧

  通常料金 キャンペーン
初回のみ体験
2回目以降の
キャンペーン
フォトフェイシャル 顔
1回
¥37,800 ¥18,360 ¥29,160
フォトフェイシャル 顔
4回コース
¥90,720 - -
フォトフェイシャル うで
1回
¥21,600 - -
フォトフェイシャル 首・デコルテ
1回
¥21,600 - -
フォトフェイシャル 背中
1回
¥30,000 - -

カウンセリング予約