リジュラン注射、肌再生、はり、小じわ|横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

リジュラン注射

ポリヌクレオチドの作用で新しい皮膚真皮層の再生治療

対象となるお悩み

  • たるみが気になる
  • お肌のハリが欲しい
  • 目の周りのしわが気になる
  • 口の周りのしわが気になる
  • 頬のしわ首が気になる
  • 手のしわが気になる
  • にきび跡が気になる
  • 傷痕が気になる
  • 妊娠線が気になる

リジュラン注射とは?

ポリヌクレオチドが主成分の「リジュラン注射」は、肌の弾力、ハリを回復させる製剤です。皮膚真皮層へ注射することで、
肌再生力が高まります。ポリヌクレオチドとはDNA、RNAの構成単位として知られており、糖、塩基、リン酸からなる化合物です。その成分は、真皮層の線維芽細胞の働きを回復し、それに伴い合成されるヒアルロン酸、コラーゲンなどの細胞外基質の増加により肌の変化が現れます。また血管新生を促す作用もあり、海外では糖尿病性壊疽などの治療でも使用されている成分です。ヒアルロン酸注射ともPRP療法とも異なる、さらに根源的な肌再生としてアプローチしていきます。以前より、サーモン注射としてPDRN(ポリデオキシヌクレオチド)がありますが、リジュランはその製剤よりも2%と高濃度配合、しかも作用しやすいポリヌクレオチドを含有しております。

リジュラン施術の流れ

step01
診察
お悩みをお聞きし、リジュラン注射の適応かどうかを
確認します。
step02
麻酔塗布(約40分)
注入範囲を確認した上で、その範囲にクリームまたはテープ麻酔を行います。
step03
リジュラン注射
麻酔をふき取り、注入開始です。気になる場所、
お悩み改善の場所に数多く注入していきます。
施術後はそれぞれの膨らみが残りますが、
1~3日で消失していきます。
step04
止血、冷却、終了
止血後、鎮静し、終了となります。
再診は2~4週間後にきていただいております。

施術回数と間隔

リジュラン注射の施術回数、間隔は2~4週間に一度を連続3回
行うことが最も効果のでる方法です。
半年~1年に一度行うことで良い状態がキープされます。

その他併用製剤

リジュラン注射と同時にプラセンタ、ヒアルロン酸(非架橋)、成長因子などを注入することも可能です。

リジュランコスメ

c-PRDN®を配合したリジュランコスメが販売開始となりました。日々のケアの中に肌再生のコンセプトを導入してみてはいかがでしょうか?

リジュランコスメの詳細はこちら

料金一覧

リジュラン注射 1回 トライアルプラン
初回のみ
1本(2ml) ¥86,400 ¥54,000
カウンセリング予約