にきび、にきび跡治療 | 横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

ニキビ、ニキビ跡

思春期でも大人でも男女が悩むニキビ。青春の証といい言葉はありますが、やはりできたら気になるもので、また跡になると、目立つものです。また大人特有のニキビもあります。
うまくコントロールして、ニキビ跡にならない治療、またニキビ跡になってしまったらその治療を始めましょう。

ニキビの始まり、原因

ニキビとは『尋常性ざ瘡』と呼ばれ、毛穴に一致した角質増殖(これは表層から毛穴の中の角質まで)と閉塞とともにおこる毛穴の炎症です。にきびには段階があり、白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄色いニキビです。 毛穴の出口は角質が厚くなり、また皮脂や角質がつまり(角栓)、膨らみます。その後先端は黒くなり、いずれ炎症による赤みが出現します。炎症に続いて膿んだ状態となり、多くの方がつぶす時期となります。炎症が毛穴の下のほうに強く出るとしこりとなります。その後、炎症の経過とともに線維化などがおこりニキビ跡となります。

ではニキビの原因はなんでしょうか?

にきびの原因 上記の通りの角質増殖、毛穴をふさぐことが始まりです。角質が増殖する、毛穴がふさがる理由としては化粧残りであったり、洗顔不足など垢がたまりやすい状態、ご使用の化粧品があわない、その他たるみなどでも閉塞は起こる可能性はあります。また詰まった皮脂は毛穴に常在するアクネ菌により分解、分解されたものが刺激となり、異常角化(角質が厚くなる)がおこり、より角栓が形成、毛穴がふさがれば嫌気性菌の活動が活発、炎症が強くなっていきます。

皮脂の量が多くなる主なる原因は性ホルモンの関与です。思春期以降、ステロイドホルモン、アンドロステロンの作用により脂腺の働きが活発化し、皮脂が多くでて、より毛穴が閉塞してしまいます。また乾燥なども皮脂を多くさせる原因となります。ホルモンのバランスで日常的なことは食事、睡眠、便通、ストレスです。これら生活のリズムは重要で、いくら治療をしても、生活が不規則だと軽快していきません。

ニキビの原因

ニキビでお困りのかたも多いのですが、このニキビ跡も多くのかたの悩みです。ニキビは毛穴の炎症です。皮膚の表層から深部まで炎症で包まれます。そのダメージはそれぞれの部位に残り、皮膚の修復過程(線維化など)に伴い、ニキビ跡を形成していきます。しかし治ってもやわい組織なので繰り返しニキビは出現します。よくある凹んだニキビ跡もなにもしなければ、きれいに治ることはありません。

皮膚科での治療

一般皮膚科ではビタミン剤、抗生剤などの飲み薬と塗り薬が主体です。塗り薬は最近であれば、ベピオゲルやディフェリンゲル(アダパレン)というレチノイド様作用を有する新しいものも出ています。これは表皮角化細胞の分化を抑えることでニキビを治していきます。

テディスでの治療

当院ではニキビに対して、やはりピーリングを主軸と考えています。それは角質増殖しているのが原因で閉塞→ニキビとなるなら、それを取り除くためと考えているからです。ピーリングは角質細胞の結合を弱める、もしくは除去する作用があります。もちろんその他治療の併用も重要で、飲み薬、点滴、メソポレーションフォトフェイシャルなどを考えています。ニキビの治療はホルモンのバランスから変えていくのはなかなか困難です。もちろんホルモンバランスと関与のある食事、睡眠、便通、ストレスなどの改善はしていただきます。しかし当院で行うニキビ治療のターゲットは皮膚、毛穴です。ここのコントロールをしていくためには上記治療が必要となります。

ニキビの炎症が続きすぎると治りが悪くなり、ニキビ跡になりやすくなります。そうならないためには1日でも早い治療をおすすめします。

また、ニキビ跡の治療は、ピーリング、カーボンピーリング、メソポレーション、フォトフェイシャルなどを併用して行っています。

通院頻度は1~2週間にに一度が理想です。

クレンジング洗顔、整肌の重要性

脂性肌をそのままにしておくのはよくありません。特に皮脂が詰まり気味のかたは要注意です。これはニキビだけでなく毛穴の開きに直結してきます。
クレンジングや洗顔はきっちりされたほうがニキビはできにくくなります。もちろん洗いすぎもよくありません。
また洗ったままでそのあとのケアもおざなりでは意味がありません。肌の整え、今、ご自身の肌に必要なものを使用してケアをしてください。

クレンジング洗顔、整肌の重要性

「アゼライン酸」、海外ではニキビ治療薬として、以前から使われている成分です。
当初はメラニン生成抑制効果もあるため、美白目的として登場しましたが、臨床試験中に偶然にも美白とともにニキビへの効果が認められました。
アゼライン酸は、古い角質が毛穴にフタするのを防ぐ、また抗菌活性があることが分かりました。また、ニキビ跡の黒ずみへの効果で期待出来ます。
妊娠中、妊娠の可能性のある女性の患者様にも使用可能です。

治療法について

  • ピーリング
    ピーリングでのニキビ治療は日本皮膚科学会でガイドライン化されています。
  • メソポレーション
    ニキビに効果のある成分の導入を行い、またその他脂性肌、乾燥肌などの症状も同時に改善していきます。
  • 飲み薬
    ビタミンB、Cなどを処方しております。
  • 点滴・注射
    ニキビに効果のある製材を用意しております。
  • フォトフェイシャル
    今あるニキビだけではなくニキビ跡にも有効です。その他治療との併用が望ましいです。
  • ホームケアコスメ
    当院の施術だけでなく、ご自宅でのケアも推奨しております。
カウンセリング予約