ホームケア化粧品

ホームケアがしっかりできてこそいいお肌を仕上げることができます。

ホームケアの重要性

ホームケア、もちろんスキンケアから普段の生活まですべてのことですが、ここではスキンケアについてお話ししたいと思います。当院での施術はすべてご自宅、医療施設以外ではできないものです。しかし施術を受けたからいい、それだけ十分、ではありません。それだけでは施術の本当の効果を実感することはできません(もちろん十分な効果はあります)。

ではどうするか?

そう、ご自身にあった適切なスキンケアです。これをやるかやらないかでは効果のでかたは格段に差がでてきます。つまり当院で受けた施術の効果に相乗効果が加わります。ワンランク上のお肌に届くのです。現在のあなたのスキンケアは正しいですか?もしかしたらそのケアがしみの原因、乾燥の原因になっているかもしれません。

基礎化粧品は複数ご用意しておくというのもいい方法です。お肌は日々状態がかわります。季節で見ればもっとかわります。それに合わせてケアをかえていくというのも美肌への道と考えます。

また、いい化粧品=高価な化粧品というわけでもありません。もちろん高い化粧品にはいい成分がたくさん入っており、いいものですが、やはりいい化粧品=ご自身の肌にマッチした(悩みを解消する、使い心地など)化粧品です。本当にお肌にマッチした化粧品をご使用になられているかたは世の中どれぐらいいるでしょうか?。

ご自身のお肌をいい状態にキープするためのケア、しみ、しわを改善するためのケアなど、やることはたくさんあります。当院では受診時に少なからずお役に立つアドバイスをさせていただきますし、もちろん、当院で扱っている化粧品もありますので、そのご紹介もさせていただきます。

医療機関のみの販売『I.T.O』化粧品

『活性酸素』という言葉はご存知でしょうか? これは日々生活の中で受ける紫外線、たばこ、大気汚染、ストレスなどの刺激や代謝の過程で細胞内で産生されるものです。ほとんどの活性酸素が身体には負荷のかかるものです。活性酸素が原因で細胞はダメージを受け、肌でいえば老化の原因となっています。この活性酸素を除去するものが抗酸化物質で、昔から中心的な役割であるのがビタミンCです。しかしピュアなビタミンCは不安定で皮膚への吸収、浸透はしにくいものです。さらにピュアなビタミンCを塗布して紫外線を浴びてしまうと活性酸素が発生します。そこで改良されたものが、ビタミンC誘導体です。

当院で扱っているI.T.O製品はこのビタミンC誘導体を効率よく配合した化粧品なのです。ビタミンC誘導体を独自に研究し、他製品にはない、そして医療機関のみで扱える製品となっています。またどの化粧品もエビデンスに基づいたもので、当院の考えと合致するものであったため、扱うこととなりました。

詳しくはITO製品公式サイトへ

I.T.O製品の主成分『ビタミンC誘導体』とは?

ビタミンCは今も昔も抗酸化という分野では中心的な存在です。
しかしピュアなビタミンCをお肌につけることは実はあまりいいものではありません。ビタミンCは不安定な物質で容易に酸化してしまい、お肌のトラブルとなります。そこで研究されたのが『ビタミンC誘導体』というものです。ビタミンC誘導体は、ビタミンCに様々なものが修飾されて、効果と安全性を高めたものです。そして皮膚の中に入ったときに皮膚内の酵素によって修飾が外れビタミンCとして活性化します。この修飾によって誘導体の種類がかわります。その代表的なものはAPS(アスコルビルリン酸Na)、APM(リン酸アスコルビルMg)、APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)、VCIP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)です。それぞれ使用目的、浸透度、有効配合濃度、その他特徴があり、多数製品化されております。もちろん当院でも化粧品として販売しており、高評価を得ております。ちなみにI.T.O製品として代表化粧品がAPMを使用したAPMZローション、APPSを使用したAPP+Eローション、STIシリーズなどです。またVCIPとしては当院製剤のVCスティックを販売しております。

ALA 配合化粧品、医療施設限定取り扱い「ceala」

cealaロゴ ceala


保湿革命成分「ALA(5-アミノレブリン酸)」配合の化粧品です。ALA(5-アミノレブリン酸)とは、36億年前生命誕生から存在していた、生物の根源物質ともいわれる、生命維持に欠かせない成分です。体内では赤血球ヘモグロビン合成原料であり、細胞内ミトコンドリアでのエネルギー合成を支えています。ALAは分子量が小さいため必要な箇所へ届き、肌細胞内でエネルギー変換を行う際に、大量の代謝水を放出、うるおい保持となります。年齢とともに減っていくALAを普段のケアでしっかり届けることで、美しく健康な肌へ導かれるでしょう。

c-PDRN®配合化粧品『リジュランコスメ』

REJURAN COSMETICS当院でも注射薬として施術導入している『リジュラン』ブランドから、日々のケアとして使用可能な化粧品が完成しました。配合されるc-PDRN®は、皮膚構築の根本的な改善を促します。全体的にバランスよく再生し、健康な肌への成長を助け、肌のハリ、明るさを保ちます。

リジュランコスメの詳細はこちら

美白化粧品ルミキシル

スタンフォード大学の皮膚科で開発された新しい美白スキンクリームです。美白成分ハイドロキノンと同系統でありながら、美白作用が上がり、またかぶれなどの心配も激減した、安心して毎日使用できる美白化粧品です。フォトフェイシャルとの併用をおすすめしております。
当院のルミキシルは正規代理店のものを使用しております。

詳しくはフォトフェイシャルとルミキシルの併用へ

取扱い化粧品一覧

※当院で扱う化粧品類は通院中のかたで、ご来院時のみの販売となっております。通販などでの販売は一切しておりませんのでご了承ください。

ITO製品

APリキッド/クリームクレンジング
APリキッド/クリームクレンジング
オレイン酸フリーで保湿成分がベースのリキッドそしてクリームタイプの2種類。水道水の塩素からお肌を守り、洗いあがり後もみずみずしくつっぱりません。
AP5フェースフォーム/ムースフォーム
AP5フェースフォーム/ムースフォーム
天然由来の洗浄成分で泡立ちがよく最後までクリーミーな泡がしっかりとお肌の余分な汚れを取り除きます。ビタミンC誘導体配合で水道水の塩素からお肌を保護しながら洗浄していきます。
APMZローション
APMZローション
高い抗酸化力を有した水溶性ビタミンC誘導体に亜鉛を配合。肌トラブルの原因である酸化に着目し『亜鉛』を含有しております。
特に脂漏性のお肌やニキビ肌におススメしております。
APP+Eローション
APP+Eローション
高浸透型ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体を贅沢に配合した化粧水です。2つの成分が相乗効果を示し、内側から整ったお肌へ導きます。APPSは外用のみで真皮レベルまで浸透が確認された唯一のビタミンCです。
APPFローション
APPFローション
抗酸化力の強いフラーレンとAPPSを配合したオールマイティーな美容液です。高保湿でとろりとしたテクスチャーです。フラーレンとは1985年に派遣された炭素60個からなる同素体です。
AP5クリーム
AP5クリーム
お肌になじみやすいビタミンC誘導体を配合。お肌の保湿構造と同じラメラ構造を造り、みずみずしいテクスチャーでありながら、潤いを長時間キープし、透明感を与えます。
AP5ジェル
AP5ジェル
お肌になじみやすいビタミンC誘導体を配合。さっぱりとしたテクスチャーがありながら、水分保持の高い保湿ジェルです。
エフジェル
エフジェル
抗酸化物質であるフラーレン、カロチンを配合、さっぱりとしたテクスチャーのジェルです。保湿成分のセラミドやホホバオイルも配合、潤いなめらかなお肌へ導きます。
GO-VCモイスチャージェル
GO-VCモイスチャージェル
ビタミンCにグリセリンとオクタノールを結合した新型両親媒性ビタミンC誘導体です。トラブル肌には第一選択としてもいい保湿ジェルです。
APPSクリーム
APPSクリーム
浸透型ビタミンC誘導体を贅沢に配合したスペシャルクリームです。目元や気になるところはもちろん全顔にもお使いいただけます。
AP30/50クリアプロテクト
AP30/50クリアプロテクト
紫外線、赤外線カット機能のある日焼け止め。赤外線をカットすることで、皮膚温の上昇をを抑え、ヒートショックプロテインに伴うMMPの活性を防ぎます。さらにビタミンC誘導体や保湿成分を配合。SPF30、PA++相当。

STIシリーズ

STIナノスフィアアプチドローション
STIナノスフィアアプチドローション
7つの美容成分が肌へ浸透し、年齢とともに低下する肌(角質層)本来の機能を補強します。

CIEクリーム
STIナノスフィアCⅡEクリーム
ナノスフィアとはビタミンC誘導体ナノカプセルともいいます。この微粒子で美容成分を包むことで、時間をかけてしっかりとお肌への滞在時間をしっかり長くさせることが可能となりました。7つの美容成分が肌へ浸透し、年齢とともに低下する肌本来の機能を補強します。I.T.O製品の最高峰のシリーズです。

ceala

ceala
保湿革命成分「ALA(5-アミノレブリン酸)」配合、医療施設限定化粧品です。ALAは分子量が小さく、必要な箇所にしっかり届くことが特徴、皮膚の内潤化をもたらす保湿成分です。
ALAはSBIファーマ株式会社が取り扱う原料です。 詳しくはCEALA製品公式サイトへ

BENEV製品

GF-DNA Serum
GF-DNA Serum
成長因子などのタンパク質に加え、抗酸化物質を含有した濃縮ジェルです。成長因子は皮膚修復過程の調節機能を有し、お肌に含まれているものです。局所的に成長因子を使用することで、お肌のきめや弾力性を改善することが科学的に証明されています。

ケイセイ製品(一部当院処方)

コエンザイムQ10オイルジェル
現代社会はストレスが多く,これが原因で活性酸素が多く生成し,細胞が錆びつきやすくなっています。これを防ぐのが抗酸化物質ですが,コエンザイムQ10はビタミンEやビタミンCと並び最も大切なものの一つです。そのコエンザイムQ10を高濃度に配合したオイルジェルです。
VCスティック
VCスティックはビタミンC誘導体であるVCIP(テトイソパルミチン酸L-アスコルビル)を85%配合した美容スティックです。ピンポイントのシミに最適な製品です。もちろんその他ビタミンC化粧水と併用可能です。

常盤薬品

セルニューデオドラントクリーム
セルニューデオドラントクリーム
わき、足などにおいの気になる部位へケア。低刺激性のクリームです。1日2回のご使用を推奨しております。

ルミキシル

ルミキシル
世界中の女性が絶賛した、その輝きを実感してください。スタンフォード大学の皮膚科で開発された新しい美白スキンクリーム。安心して毎日できる、お肌のスーパーブライトニング。フォトフェイシャルとの併用をおすすめしております。
当院のルミキシルは正規代理店のものを使用しております。

詳しくはフォトフェイシャルとルミキシルの併用へ

JMEC

アミノシナジー
アミノシナジー
アミノシナジーは体内で構築できない必須アミノ酸や保湿力の高いプロリン、PCAをはじめ10種類ものアミノ酸とビタミンC誘導体を配合したトータルスキンケアローションです。当院販売のホームケアイオン導入器『キャリーオン』で導入可能です。
Carrion(キャリーオン)イオン導入器
Carrion(キャリーオン)イオン導入器
ビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸などを肌へ導入、+αのホームケアができます。キャリーオンの特徴は0.5、1.0mlAの2種類の強さを設定可能。当院で販売するアミノシナジーをはじめ、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体含有のITO化粧水のご使用をおすすめしております。
【使い方】

アベンヌ ブランド

アベンヌ

当院で販売しておりましたアベンヌ製品は11月をもって、中止、販売店へのご案内のみとなりました。

アベンヌ ブランドはコチラ