フォトフェイシャル、しみ、そばかすに対して理想の頻度、間隔は?|横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

フォトフェイシャル、しみ、そばかすに対して理想の頻度、間隔は?|横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

フォトフェイシャル、しみ、そばかすに対して理想の頻度、間隔は?

フォトフェイシャル、しみ、そばかすに対して理想の頻度、間隔は?

フォトフェイシャルはマイルドな光エネルギーを顔全体に照射する施術です。しみやそばかすなどの色素斑から赤ら顔、肌のハリ回復、小じわ対策、毛穴開き、にきびなど様々な悩みをカバーする人気のある施術です。様々な効果を期待できるからこそ、フォトフェイシャルの理想の頻度、間隔は「何を主に効果として見ていくか?」によって、よく言われる月一回のみというわけではないというのが結論です。

しみ、そばかす治療目的の頻度、間隔

フォトフェイシャルの頻度、間隔しみ、そばかすはフォトフェイシャルを選択する一番のお悩みです。この場合、理想の頻度や間隔は4週間に一回が一般的なものですが、頻度や間隔を一番気にしないといけないのは、しみ、そばかすというのも事実です。安易に4週間という間隔のみというのはリスクを伴う場合もあります。一般的にフォトフェイシャル照射後、しみやそばかすは濃くなり、数日後から脱落していきます。レーザーのような完全なかさぶたではないため、ゴソっととれるというより、ぽろぽろ細かくとれていきます。洗顔、クレンジング中に自然にとれてしまったということが多いです。脱落は2、3週間ぐらいかかることもあります。一時的なターンオーバーの促進や照射後の微小炎症などの名残が、しみやそばかすのあった部位にはあります。そのため、落ち着いた後、次の照射可能な間隔がだいたい4週間となるのです。

しかし色素が過度に反応しやすい、そばかすでも濃さがある、数が多い場合は1.5~2か月に一度とややフォトフェイシャルの間隔をあけることがあります。その理由はやはりメラノサイト(メラニン産生細胞)にあり、メラノサイトは炎症状態で力をより発揮する(濃いメラニンを作りやすい)ため、あまり過度に照射はしてはならないのです。フォトフェイシャル照射後は肌に一時的に炎症が起こるので、間隔を詰めて、つまり炎症が続いた状態で次の照射をすると、それこそしみが悪化し、色素沈着の要因となりうるのです。つまり、やりすぎはやはり注意です。

フォトフェイシャルの間隔をあけると?

フォトフェイシャルの頻度、間隔 では、逆にフォトフェイシャル照射の間隔をあけると一度薄くなった、とれたしみは復活するのでしょうか?実はフォトフェイシャルの間隔があくからしみが再燃するということではありません。しみ、そばかすが再燃するかどうかは、メラノサイトや周囲の組織状態、質によるところが多く、また紫外線をはじめ外的刺激がどれぐらいあるかによります。フォトフェイシャル照射の間隔をあけるにも、その間のケアが大切ということです。もちろん、フォトフェイシャルを受けている間は、表皮のターンオーバーが促進されやすいので、それがなくなるとメラニン排出が遅くなり、しみが再燃したようにみえるかもしれません。やはり、肌調子の維持も含めて継続をしていくことがベストなのだと思います。

フォトフェイシャルの理想の頻度、間隔

フォトフェイシャルの頻度、間隔フォトフェイシャルの用途はしみやそばかす治療が主ですが、その他にも様々な効果を狙う治療です。上記の通り、しみやそばかす治療ではだいたい4週間間隔でフォトフェイシャルを行うことが一般的ですが、目的とする悩みが何か?、そして肌質や肌状態、さらにはしみの状態によって、フォトフェイシャルの頻度、間隔は様々です。つまりフォトフェイシャルの理想的な頻度や間隔は個々によるということです。その判断はもちろん医師、施術者によるので、私たち医療者の経験も必要となることは言うまでもありません。医師の判断をよく理解してフォトフェイシャルをうけてみてください。

【関連記事】フォトフェイシャルの効果に回数がかかる理由

       
カウンセリング予約