化粧品、ITO、リジュランコスメ|横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

神奈川、横浜でメディカルコスメ、化粧品を購入

施術後ホームケアの重要性

ホームケア、もちろんスキンケアから普段の生活まですべてのことですが、ここではスキンケアについてお話ししたいと思います。当院での施術はすべてご自宅、医療施設以外ではできないものです。しかし施術を受けたからいい、それだけ十分・・・ではありません。それだけでは施術の本当の効果を実感することはできません(もちろん施術だけでも十分な効果はあります)。

ではどうするか?

そう必要なのは、ご自身にあった適切なスキンケアです。これをやるかやらないかではフォトフェイシャルでもレーザートーニングでもその効果の現れ方は格段に差がでてきます。つまり当院で受けた施術の効果に相乗効果が加わります。ワンランク上のお肌に届くのです。現在のあなたのスキンケアは正しいですか?もしかしたらそのケアがしみの原因、乾燥の原因になっているかもしれません。

基礎化粧品は複数ご用意しておくというのもいい方法です。お肌は日々状態がかわります。季節で見ればもっとかわります。それに合わせてケアをかえていくというのも美肌への道と考えます。

また、良い化粧品=高価な化粧品というわけでもありません。もちろん高い化粧品にはいい成分がたくさん含有しており、いいものですが、やはり良い化粧品=ご自身の肌にマッチした(悩みを解消する、使い心地など)化粧品です。本当にお肌にマッチした化粧品をご使用になられているかたは世の中どれぐらいいるでしょうか?。

ご自身のお肌をいい状態にキープするためのケア、しみ、しわを改善するためのケアなど、やることはたくさんあります。当院では受診時に少なからずお役に立つアドバイスをさせていただきますし、もちろん、当院で扱っている化粧品もありますので、そのご紹介もさせていただきます。

         

医療機関のみの販売ITO化粧品

『活性酸素』という言葉をご存知でしょうか?活性酸素は日々生活の中で受ける紫外線、喫煙、大気汚染、ストレスなどの刺激や細胞代謝の過程で産生されるものです。ほとんどの活性酸素は身体に負荷のかかるものです。活性酸素が原因で細胞はダメージを受け、老化や病気の根源となります。肌でいえば老化の原因が気になるところです。この活性酸素を除去するものが抗酸化物質であり、昔から中心的な役割であるのがビタミンCです。しかしピュアなビタミンCは不安定で皮膚への吸収、浸透はしにくいものです。さらにピュアなビタミンCを塗布して直後に紫外線を浴びてしまうと活性酸素が発生します。そこで改良されたものが、ビタミンC誘導体です。

当院で扱っているITO製品はこのビタミンC誘導体を効率よく配合した化粧品なのです。株式会社ITOは、ビタミンC誘導体を独自に研究し、他製品にはない、そして医療機関のみで扱える化粧品を作成しています。どの化粧品もエビデンスに基づいたもので、当院の考えと合致するものであったため、扱うこととなりました。

ITO製品一覧はこちら

【ITO製品の主成分『ビタミンC誘導体』】

ビタミンCは今も昔も抗酸化という分野では中心的な存在です。しかしピュアなビタミンCを肌につけることは実はあまりいいものではありません。ビタミンCは不安定な物質で容易に酸化してしまい、肌トラブルとなります。そこで研究されたのが『ビタミンC誘導体』です。ビタミンC誘導体は、皮膚内にある酵素によりビタミンCになることができるビタミンC前駆体であり、効果と安全性を高めたものです。ビタミンC誘導体は、様々な種類があります。その代表的なものはAPS(アスコルビルリン酸Na)、APM(リン酸アスコルビルMg)、APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)、VCIP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)です。それぞれ使用目的や浸透度、有効配合濃度、その他特徴があり、多数製品化されております。ITO製品は基本的にクレンジングから洗顔、化粧水、美容液、クリームまでビタミンC誘導体配合が特徴です。APシリーズ、STIシリーズの2ラインをご用意しております。

ITO製品一覧はこちら

ALA 配合化粧品、医療施設限定取り扱い「ceala」

ceala保湿革命成分「ALA(5-アミノレブリン酸)」配合の化粧品です。ALA(5-アミノレブリン酸)とは、36億年前生命誕生から存在していた、生物の根源物質ともいわれる、生命維持に欠かせない成分です。体内では赤血球ヘモグロビン合成原料であり、細胞内ミトコンドリアでのエネルギー合成を支えています。ALAは分子量が小さいため必要な箇所へ届き、肌細胞内でエネルギー変換を行う際に、大量の代謝水を放出、それが潤い保持となります。年齢とともに減っていくALAを普段のケアでしっかり届けることで、美しく健康な肌へ導かれるでしょう。

c-PDRN®配合化粧品『リジュランコスメ』

リジュランコスメ、ポリヌクレオチド化粧品当院で注射薬として施術している『リジュラン』ブランドから、日々のケアとして使用可能な化粧品も販売しています。配合されるc-PDRN®は、皮膚構築の根本的な改善を促します。全体的にバランスよく再生、健康な肌への成長を助け、肌のハリ、明るさを保ちます。リジュラン注射と併用を推奨します。

リジュランコスメの詳細はこちら

リジュラン注射の詳細はこちら

美白化粧品ルミキシル

スタンフォード大学の皮膚科で開発された新しい美白スキンクリームです。美白成分ハイドロキノンと同系統でありながら、美白作用が上がり、またかぶれなどの心配も激減した、安心して毎日使用できる美白化粧品です。フォトフェイシャルとの併用をおすすめしております。※当院のルミキシルは正規代理店のものを使用しております。

詳しくはフォトフェイシャルとルミキシルの併用へ

GF-DNA Serum(成長因子)

GF-DNA Serum(成長因子)GF-DNA Serumは、成長因子などのタンパク質に加え、抗酸化物質を含有した濃縮ジェルです。成長因子は皮膚修復過程の調節機能を有し、お肌に含まれているものです。局所的に成長因子を使用することで、お肌のきめや弾力性を改善することが科学的に証明されています。

VCスティック(ビタミンC誘導体)

VCスティック(ビタミンC誘導体)VCスティックはビタミンC誘導体であるVCIP(テトイソパルミチン酸L-アスコルビル)を85%配合した美容スティックです。ピンポイントのしみケア、しみとりレーザー後のケアに最適な製品です。もちろんその他ビタミンC化粧水と併用可能です。こちらは院内処方薬となります。

アミノシナジー

アミノシナジーアミノシナジーは体内で構築できない必須アミノ酸や保湿力の高いプロリン、PCAをはじめ10種類ものアミノ酸とビタミンC誘導体を配合したトータルスキンケアローションです。当院販売のホームケアイオン導入器『キャリーオン』で導入可能です。

イオン導入

Carrion(キャリーオン)はホームケア用イオン導入器です。ビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸などを肌へ導入、+αのホームケアができます。キャリーオンの特徴は0.5、1.0mlAの2種類の強さを設定可能。当院で販売するアミノシナジーをはじめ、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体含有のITO化粧水のご使用をおすすめしております。

AZAクリア(アゼライン酸)

アゼライン酸は海外ではにきび治療薬として、以前から使われている成分です。当初はメラニン生成抑制効果もあるため、美白目的として登場しましたが、臨床試験中に偶然にも美白とともににきびへの効果が認められました。 アゼライン酸は角質肥厚による毛穴詰まりを防ぐ、また抗菌活性があることが分かりました。また、にきび跡の色素沈着への効果で期待出来ます。 妊娠中、妊娠の可能性のある女性の患者様にも使用可能です。

セルニューデオドラントクリーム

セルニューデオドラントクリームの有効成分はクロルヒドロキシアルミニウムで、さらに皮脂を吸着する粉体成分(酸化亜鉛、ヒドロキシアパタイト)を配合。わき汗をおさえ、気になるにおいを防ぎます。べたつかず、さらさらの感触。低刺激性のクリームです。わきだけでなく、足にも使用可能。1日2回のご使用を推奨しております。

カウンセリング予約