しわの種類をチェック|横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

しわの種類をチェック

いつまでも若々しくきれいな肌でいたいと思うことは、女性にとって永遠のテーマです。特に年齢と共に出てくる目尻、額、眉間のしわや頬のたるみほうれい線は宿敵で、見た目年齢は確実に+5~10歳とも言われています。しわ、法令線の特徴を知って自分の悩みがどれに当てはまるのか確認できれば、正しい改善方法に繋げることができます。

表情に伴うしわ

笑顔の女性

表情に伴うしわは、その人の人柄を現す大切なものです。しかし、その大きな特徴は、思っているよりもたくさんでていることに気づいていない、または全く自覚していないということです。それも当然のお話で、笑ったり、怒ったりという表情を作っている時はあえて自分の顔を見ることはあまりありません。

特に笑った時の目尻のしわ、驚いた時など、目を見開く時の額のしわ、そして本や携帯、スマホを見ている時によっている眉間のしわです。よく電車内でスマホを見ながら眉間にしわをよせている若い女性を見かけます。これら表情に伴うしわは気づかないので、徐々に深く、幅広くなり、気づいた時には溝となり常にあるしわとなります。

これは、表情時に作用する表情筋の柔軟性低下に伴う収縮力の増減、皮膚真皮コラーゲン層の脆弱に伴うものです。表情筋は体の筋肉と大きく異なるのが、その多くが皮膚に直接くっついているということです。つまり皮膚を引っ張りやすく、その皮膚自体がしっかりしていなければ、しわはよりやすくなります。

紫外線に伴うしわ

「屋外スポーツや外出する機会が多い」「夏しか日焼け止めを塗らない」「過去に日に焼けて真っ黒になったことがある」この3つに当てはまる方は、紫外線によりしわができやすくなります。上述の通り、皮膚の土台である真皮コラーゲン層がしっかりしなくなる原因は単純な老化だけでなく光老化、つまり紫外線による影響が加わります。

紫外線の中でも窓を普通に貫いてくるUVAです。UVAは皮膚真皮層まで到達し、コラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。しかも一年中その強さは変わりません。また色白な方ほどその影響がでやすい傾向にあります。

生活リズム悪化に伴うしわ

悩む女性

「無理な減量をしている」「偏食が多い」「便秘や下痢」「不眠」「ストレス」など生活習慣に伴うしわもあります。皮膚を構成するコラーゲンを造るためにはアミノ酸、ビタミンCなどが必要となります。

生活習慣、特に食事のバランスが悪い方や消化器系に問題があるとこれら栄養素の体内量は減ってしまい、皮膚内で質のいいコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が造れず、しわができやすくなります。また皮下脂肪はお顔の場合、表情筋、皮膚の動きのクッションの役割があるため、過度の減量により皮下脂肪が減り、しわが生じやすくなる部位もあります。

たるみに伴うしわ、法令線

法令線はその対策や消し方を検索される方が多く、誰もが一度は気になるお悩みの一つです。最近では男性も気にして受診することも多くなりました。法令線はしわというより頬のたるみに伴う現象です。

頬の支持組織が弱くなり、また顔の脂肪量が増える、口周り・首の筋肉の収縮の度合いによって法令線は過剰に形成されていきます。全くないというのは不自然ですが、法令線が長く、深くなると顔全体のたるみ感が増してしまいます。

しわ、法令線対策、ケア、治療

スキンケアを怠らないことがしわ、法令線対策には欠かせませんが、間違ったスキンケアや自己流のセルフマッサージは、さらにしわ、法令線を増やす原因になっています。

正しいスキンケアの指導を受けることによって健康美の肌に近づくことができます。 そして美容皮膚科でしわ、法令線の治療、ケアを行うことは、まず自分のしわ、法令線がどのようなものかを知るきっかけとなります。

横浜市にある当院では、ヒアルロン酸注射やボトックス注射でしわやたるみ、ほうれい線などでお困りの方の施術を行っています。JR・横浜市営地下鉄、桜木町駅より徒歩1分、みなとみらい線なら馬車道駅より徒歩3分の場所にあります。健康的で美しい肌を手に入れたい方はぜひ一度当院までお越しください。

トライアルプラン実施中

アクセス
アクセスマップ
テティス横浜美容皮膚科 TEL:045-228-7391
  • 〒231-0062
    神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1クロスゲート6F
  • JR・横浜市営地下鉄 桜木町駅より徒歩1分
  • みなとみらい線 馬車道駅より徒歩3分 みなとみらい駅より徒歩10分

アクセス方法はこちら