マイクロボトックス | 横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

マイクロボトックス

テキスト

マイクロボトックスとは?

Woffles先生の実技講習 シンガポールのDr.Wofflesが世に広めた『マイクロボトックス』。 皮膚の浅い位置に細かく数多くボトックスを注入することで様々な効果が得られます。 その効果はスキンタイトニングによるお顔全体の肌質感の変化、ハリ、毛穴開きや脂っぽさの改善、小じわ、首の横じわの改善、リフトアップなどです。 注入可能な部位は首~フェイスライン、額、鼻~頬、こめかみです。

【テティス横濱美容皮膚のマイクロボトックス】

当院は、より正確により効果的に結果がでるように、マイクロボトックスの元祖Dr.Wofflesから直接指導を受けて、施術を行っております。

対象となるお悩み

  • 顔全体のハリ感が欲しい
  • より自然な感じでしわを改善したい
  • リフトアップを希望
  • 毛穴開き、脂っぽさ
  • 首の横ジワが気になる

治療経過と効果

注入直後は小さい盛り上がりができますが、当日でほとんど消失します。1週間後よりそれぞれの効果を実感できるようになり、持続期間は約3~4か月、個人差はありますが半年持続した例もあります。4か月後に2回目を行うことが理想です。

マイクロボトックス注入の流れ

step01
洗顔
診療前に洗顔をしていただきます。
step02
診察
マイクロボトックスが適応か判断します。
step03
麻酔
注入部位に塗る麻酔を行います。(約40分)
step04
治療経過と効果ボトックス注射
細かく注入していきます。
step04
止血、冷却
止血・冷却をして終了となります。
step04
終了

アラガン社製ボトックスビスタ

ボトックスビスタ当院はアラガン社『ボトックスビスタ』を使用しています。厳密にボトックスと呼べるのはアラガン社の製品だけです。また医師は技術指導、トレーニングを受けており、正式に認定されております。

ボトックス注射後に起こりうる副作用

注射後起こりうるものは、皮下出血です。微小なものもふくめて出血がないということはあり得ません。しかし皮下出血しやすい部位もあるので、注意深く注射していきます。ちなみに致死量といわれるボトックスの量は、通常しわとりで使用する量の200倍以上です。美容の範囲でまず、全身的な影響が出ることはありません。

ボトックス注射ができない、要注意なかた

以下の方は、事前に医師にご相談下さい

重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、妊娠、授乳中、本剤アレルギー経験者、アミノグリコシド系抗生物質、Caチャンネル阻害薬、抗凝固薬内服中、重症な心・肝・腎疾患、注射部位の感染症

Q&A

マイクロボトックスと通常のボトックスの違いはありますか?
通常のボトックス注射は表情筋に注入し、表情時のしわの動きをしっかり抑えます。マイクロボトックスは皮膚表層に細かく少量ずつ注入し、皮膚と一部の筋層に効果を緩徐に与え、タイトニングを狙う方法です。もちろん両者を同時に行うことも可能です。
1回だけでも効果を感じますか?
1回でももちろんご体感していただけますが、継続することで持続、さらにはより効果があがります。
どのクリニックでも同じ製剤を使用しているのですか?
いいえ、クリニックによってメーカーが異なることがあります。多くはアラガン社製ボトックスビスタを使用していると思いますが、気になるようでしたら問い合わせてください。

マイクロボトックスの料金一覧

部位 1回 トライアルプラン
初回のみ
¥48,600 -
こめかみ~目じり ¥48,600 -
鼻~頬 ¥48,600 -
フェイスライン~首 ¥75,600 ¥54,000
額、フェイスライン~首、頬一部 ¥162,000 ¥129,600
カウンセリング予約