カーボンピーリング、毛穴開き、にきび跡治療|横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

カーボンピーリング、毛穴開き、にきび跡治療|横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

カーボンピーリング、毛穴開き、にきび跡治療、神奈川・横浜、

カーボンピーリング、毛穴開き、にきび跡治療、神奈川・横浜

カーボンピーリングとは

カーボンピーリングとはカーボンピーリングとは、カーボン(炭素)ローションを塗布した上で、レーザー照射する方法です。カーボン粒子に当たった光エネルギーが散乱、その散乱したエネルギーが様々な効果を導き出します。フォトフェイシャルと似た治療ですが、カーボンローションを毛穴へ滑り込ませレーザーを照射するため、カーボンピーリングのほうがより毛穴に特化した治療方法と言えます。また光エネルギーが表皮層であればターンオーバーの促進になり、真皮コラーゲン層であれば肌のハリ回復となります。毛穴におけるターンオーバーの促進と毛穴周囲のコラーゲンの回復は、カーボンピーリングが毛穴開きに効果のある理由となります。

当院ではメドライトC6・YAGレーザー/1064nmの波長を使用します。ロングパルスレーザーを使用する方法に比べると弱いエネルギーであり、効果が劣る反面、ダウンタイムは直後の赤みぐらいで、かさぶた形成はありません。

カーボンピーリングの対象となるお悩み

  • 毛穴開きが気になる
  • 角栓の詰まりが気になる
  • にきび跡が気になる
  • くすみが気になる
  • 肌全体のざらつきが気になる
  • 肌に透明感がない
  • 肌のキメを整えたい
      

カーボンピーリングの流れ

step01
カーボンピーリング、医師診察医師診察
問診票記入、洗顔後に医師の診察となります。お悩みの部位がカーボンピーリングの適応かどうかを診察いたします。
step02
ピーリング前洗顔、クレンジング洗顔・クレンジング
同意書記入後、施術室へ移動します。スタッフが改めて洗顔、クレンジングを行います。
step03

カーボンローション塗布

カーボンローション塗布
照射部位にカーボンローションを塗布していきます。
step04

YAGレーザー照射

レーザー照射
カーボンローション塗布した部位に数回レーザーを照射していきます。
step05
カーボンピーリング後スキンケア整肌、スキンケア
飛散した粒子などをふき取った後、スキンケアを行い終了となります。

カーボンピーリング治療経過と回数

カーボンピーリングとはカーボンピーリング後、レーザー照射部位はほんのり赤み生じます。角栓除去を併用した場合は直後の赤みがやや強くでます。 稀に毛穴の炎症(毛嚢炎)がでる場合もありますが、一週間程度で軽快していきます。

始めは肌全体のツルっとした体感が現れます。回を重ねるごとに毛穴開きへの効果も現れますが、10回前後必要となります。治療間隔は3~4週間に一度可能です。

※左写真は角栓除去後にカーボンピーリングを行い、赤みが通常よりでた状態です。この赤みは平均1~2時間で消失していきます。

カーボンピーリングと併用

カーボンピーリング併用リジュラン注射カーボンピーリングを併用することで効果の上がる施術はリジュラン注射水光注射メソポレーションです。いずれも肌で作用、効果のある成分を入れていく施術です。 カーボンピーリングは熱を加えて主に表皮ターンオーバーを促進し、また真皮コラーゲン層の線維芽細胞を刺激することでハリを促します。熱で細胞代謝が上がったところで、有効成分が豊富にあることは組織変化に有利に働き、より変化を促しやすいと考えられます。

毛穴開きとカーボンピーリング

カーボンピーリング、毛穴開き毛穴開きは多くの女性が持つ(もちろん男性も)肌の悩みの一つです。毛穴開きの原因の一つである角栓のつまり、また毛穴出口の角質肥厚はそれを助長します。ケミカルピーリングと同じようにカーボンピーリングはその改善、予防となります。 開ききった毛穴についてはカーボンピーリングの継続が必要です。またカーボンピーリングを続けていると皮脂腺のコントロールにより「皮脂浮きが減った、べたつきがおさまってきた」というお声を聞くこともあります。 皮脂のコントロールがされるとそれは毛穴開きの改善につながります。もちろん毛穴開きの原因が他にあるとカーボンピーリングを行っても効果が低いことがあります。その改善も並行して行うことが重要です。

にきび跡とカーボンピーリング

にきび跡には赤み、色素沈着、凹みがあります。カーボンピーリングで効果のでやすいにきび跡は赤みと凹み(浅いもの)のにきび跡です。カーボンピーリングに加えて内服やメソポレーション、リジュラン注射の併用によって効果の現れかたがはやくなります。にきび跡の凹みであっても、深いものはフラクショナルRFやダーマペンが適応となります。

スキンケアとカーボンピーリング

カーボンピーリングはカーボン粒子にレーザー(光エネルギー)を当てて散乱するエネルギーを利用して肌改善を狙う治療方法です。フォトフェイシャルに似た面もあるので、毛穴開きやにきび治療だけでなく、皮膚のスキンケアの一つとして利用することも可能です。この場合、メソポレーションとの併用をおススメしております。

適応外、カーボンピーリング

過度の日焼け後、直近で日焼けの予定、過度の乾燥、びらんや潰瘍、浸出液のある状態、感染が疑われる状態、ヘルペス、妊娠中、その他医師が不可と判断状態

副作用、カーボンピーリング

  

乾燥、刺激感、びらん、皮膚炎、毛嚢炎、瘢痕、色素沈着、皮膚疾患(アトピー、ヘルペス、にきびなど)の悪化など

※あくまでも副作用は考えられるものであり、必ずでるものではありません。ご不安なかたは診察時、医師にご相談ください。

Q&A

カーボンピーリングの痛みはありますか?
レーザー照射中の痛みはゴムではじかれる様な痛みが軽度ありますが、照射後まで痛みが続くことはありません。
カーボンピーリング後のダウンタイムはどれぐらいですか?
当院で行うカーボンピーリングはロングパルスレーザーでは行わないため、かさぶたができることはありません。また赤みも当日にはひきます。まれに毛に反応して毛嚢炎を呈することもあります。
カーボンピーリング後にメイクは控えたほうが良いですか?
肌の負担のことを考えると、なるべく施術当日のメイクは控えたほうが良いです。

カーボンピーリングの料金一覧

カーボンピーリング 1回
鼻~両頬 ¥12,960
全顔 ¥14,040

トライアルプラン

カーボンピーリング トライアルプラン
初回のみ
鼻~両頬 ¥8,640
全顔 ¥10,800
カウンセリング予約